2010年01月12日

<スケートリンク>六本木に 荒川静香さんら登場(毎日新聞)

 東京・六本木の東京ミッドタウンに5日、屋外アイススケートリンクがオープンし、子供たちが白い息を吐きながら歓声を上げた。夜には周囲の木々にイルミネーションがともされ、ビル群に囲まれた銀盤でナイトスケートも楽しめる。2月28日まで。

 リンクは広さ800平方メートルで、最大収容人数は200人。都内では最大級という。

 オープニングセレモニーでは、トリノ五輪フィギュアスケート女子金メダリスト、荒川静香さんや浅田舞選手によるスケート教室があり、5〜12歳の子供35人が参加した。

 営業は午前11時〜午後10時(受け付けは午後9時まで)。手袋が必要。高校生以上1500円、中学生以下1000円(ともに貸靴料込み)。【松本光央】

【関連ニュース】
NAGORIN:初の屋外スケートリンクオープン 名古屋
スケートリンク:真駒内屋外競技場で製氷作業大詰め…札幌
K:表参道ヒルズの室内スケート場で生ライブ トークと違って「滑れない」と
スケート:家族連れら200人が楽しむ−−前橋 /群馬
アイススケート場:氷上綱引きなど、子どもら楽しむ 宮古にオープン /岩手

バリバリサラリーマンでがんばるぞ
onsnph4tmwのブログ
自己破産
パチンコ攻略
競馬情報
posted by ネイガッチ at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<名古屋市議会>「費用弁償」廃止へ 2月議会に条例案(毎日新聞)

 名古屋市議会の市議会基本条例制定研究会は5日、議員が本会議や委員会に出席すると1日1万円支給される「費用弁償」の制度を来年度から廃止すると決めた。研究会は引き続き議会改革について協議し、費用弁償廃止とともに2月定例議会に条例案を提出する。同制度を廃止するのは政令市では9番目。

 費用弁償は地方自治法に基づく制度で、額や支給方法は各自治体が条例で定めるとしている。

 この日の研究会では民主、公明、共産が「8政令市が廃止している」などとして廃止を主張。自民は「当面実費支給」を提案したが、桜井治幸団長が「私の責任で団をまとめる」と引き取り廃止で合意した。

 名古屋市議会の事務局によると、同議会の費用弁償は64年に3000円でスタート。91年に1万5000円にアップし、04年に1万円に減額した。名目は交通費、通信費、資料作成費などで、08年度の支給総額は6135万円、平均で1人81万8000円だった。

 同議会では、これまでも一部議員が「高額過ぎる」と受け取りを拒否し、河村たかし市長は11月議会に提出した政治ボランティア条例案に実費支給への変更を盛り込んだ。

 名古屋市議会の2月定例会は予算審議とともに議会改革がメーンテーマになる見通し。吉田隆一議長は費用弁償廃止について「市長を意識したわけではなく、市議会として結論を出した」と述べた。【岡崎大輔】

【関連ニュース】
静岡空港:立ち木無断伐採問題 費用、当時の知事ら弁償を 地権者が申し入れ /静岡
仙台市議会:費用弁償、半減5000円 改革検討会議、高額批判に見直し答申 /宮城
名古屋市議会:基本条例制定研、費用弁償見直し確認 来月5日、会合で結論 /愛知
ことば:政治ボランティア条例案

金持ち父さん
てつやのブログ
カードでお金
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
posted by ネイガッチ at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。