2010年01月20日

統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑−県警(時事通信)

 印鑑の購入を執拗(しつよう)に迫った疑いがあるとして、大分県警は19日、特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で、同県由布市と岡山県倉敷市の女性2人の自宅のほか、大分市内の有限会社、世界基督教統一神霊協会(統一教会)大分教会などを家宅捜索した。
 県警によると、2人は2008年8月、大分市内の女性宅を訪問するなどして「奥さんの名前の字画はよくありません。大凶ですね」などと言って、印鑑の売買契約を迫った疑いが持たれている。
 女性が購入した印鑑は2セットで約50万円だったという。
 統一教会広報局の話 当法人は宗教法人であり、営利事業は行っていない。(捜索を受けた)会社と当法人は関係ない。 

【関連ニュース】
高齢者に無理やり白アリ駆除契約=総額33億円か、7人逮捕
内職に必要と教材販売=4億7000万円売り上げか
仮想空間取引で業務停止命令=「有名企業も参加」と偽る
太陽光発電、しつこく勧誘=全国初、2社に業務停止命令
12月に悪質商法110番=改正特商・割販法の施行で

若い男が小沢幹事長に罵声「辞職しろ!山形帰れ!」(スポーツ報知)
「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集(時事通信)
【揺らぐ沖縄】名護市長選ルポ(下)結果注視の宜野湾市民(産経新聞)
全米で活躍する日本人NP―胎動する新時代の看護(下)(医療介護CBニュース)
橋下知事、対北強硬姿勢を訴え 大阪で拉致問題集会(産経新聞)
posted by ネイガッチ at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。