2010年05月28日

<民主党>消費増税明記か、見送りか 「小鳩」が最終判断 参院選公約、原案固まる(毎日新聞)

 政府・民主党の参院選マニフェスト(政権公約)を検討する企画委員会は21日、原案を固めた。昨年の衆院選で掲げたマニフェストに加え「財政健全化」や「成長戦略」などの項目を新たに加えたが、焦点の消費税増税を明記するかどうかは鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長が出席する政権公約会議に判断を委ねる方向となった。【大貫智子、高山祐】

 原案では衆院選マニフェストに掲げた▽無駄遣い(排除)▽子育て・教育▽年金・医療▽地域主権▽雇用・経済−−の5項目に加え、「政治改革」「外交・安全保障」「財政健全化」「成長戦略」の4項目を加えた。子ども手当の支給額については現行の月1万3000円から「上積みする」との表現にとどめ、同党が衆院選で掲げた11年度以降の満額支給(月2万6000円)の明記は避けた。議員定数の削減については「衆院80、参院40程度」と明記。企業団体献金とパーティー券購入の禁止も盛り込んだ。

 財政健全化を巡っては企画委は「11年度の予算編成は10年度の新規国債発行額(44・3兆円)を上回らないことをベースとする」との方針を確認した。しかし、消費税については「次期衆院選後に税制抜本改革を行う」との方向性は一致したものの、「消費税増税」を明記するかは結論が出ていない。

 「消費税増税」明記に積極的な菅直人副総理兼財務相や仙谷由人国家戦略担当相は連携を強めている。玄葉光一郎衆院議員も26日、党内の議員による「国家財政を考える会」をつくり、菅氏らの路線をバックアップする構えを見せている。中堅衆院議員は「『ポスト鳩山』に菅氏や仙谷氏の名前が挙がり、本人たちもその気になっている」と指摘。参院選後に向けた布石との見方も広がっている。

 これらの動きに対し小沢氏は「財務省の言いなりになっている」(周辺)と批判的だ。改選を迎える参院議員から「消費税増税を明記すれば選挙は不利になる」との懸念も出始めており、小沢氏側近の高嶋良充参院幹事長は「予算の全面組み替えをやる前に消費税うんぬんというのはいかがか」とけん制している。

民主・小沢幹事長、再び不起訴…東京地検(読売新聞)
<PCI特別背任>元社長の無罪確定 検察側上告せず(毎日新聞)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
郵政法案審議に小泉氏起用=与党との対決アピールへ―自民(時事通信)
鳩山首相、対北制裁措置の検討指示=哨戒艦事件で安保会議(時事通信)
posted by ネイガッチ at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)

 この春、鹿児島県内の臨床研修医の数が昨年より21人増えたことが、鹿児島県医師会への取材で分かった。同医師会では、地域の医師不足に歯止めを掛けるため「医師不足対策基金」を昨年4月に創設。今年4月から県内で研修医となった75人のうち、18人がこの基金で修学費用の助成を受けている。同医師会では、「基金の効果もあったのではないかとみている。来年以降も継続して、研修医の県外への流出を何としても食い止めたい」と話している。

 6年前にスタートした新医師臨床研修制度の影響で、鹿児島県では毎年10人単位で研修医の減少傾向が続いていた。制度が変わる前の2003年度には105人いた研修医が、08年度には54人にまで半減した。
 同医師会では、地域医療の崩壊につながる深刻な危機として、こうした状況に歯止めを掛けるため、昨年4月、医師会としては全国で初の「医師不足対策基金」を創設。会員の医師約3800人をはじめ、県内企業などからも広く寄付を募り、約7200万円が集まった。基金は主に、医局のある鹿児島大病院で臨床研修を受ける研修医の修学費用や生活支援の助成に充てられ、2年の研修期間に月5万円が給付される。基金はこのほか、医学部5、6年生の修学支援や、休業女性医師の職場復帰の促進などを行う無料職業紹介事業の拡充などにも活用される。

 同医師会では、研修医の数を制度が変わる前の水準にまで戻すには、まだ数年を要するとみているが、「今後も基金を活用して、県内に医師がとどまるような方策に努めていきたい」と話している。


【関連記事】
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ
矯正施設12か所で常勤医師ゼロ―法務省調査
厚労省の医師不足実態調査に協力−日病協
「医学部新設に慎重な対応を」―医学部長会議が要望書
遠隔画像診断で医療連携推進を―医学放射線学会シンポ

丸川珠代氏、鳩山首相に「ルーピー」のヤジで国会大もめ(スポーツ報知)
農水相不信任案、提出を検討=自民(時事通信)
高校無償化法案が衆院通過=子ども手当法案も
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(4)(産経新聞)
公然わいせつ・礼拝所不敬罪、篠山さん略式起訴(読売新聞)
posted by ネイガッチ at 11:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

電車にはねられ自転車の高1死亡 音楽プレーヤーで電車に気付かず?(産経新聞)

 15日午前8時15分ごろ、埼玉県秩父市大野原の秩父鉄道大野原駅−黒谷駅間の踏切で、自転車に乗った県立高校1年、男子生徒(15)が走行中の羽生発三峰口行き普通電車にはねられ死亡した。

 秩父署の調べでは、踏切は幅約1メートルで遮断機はなく、自転車側からは見通しが悪かった。運転士が生徒に気付き、ブレーキをかけて警笛をならしたが、間に合わなかった。乗客約150人にけがはなかった。

 秩父署によると、生徒は音楽プレーヤーを持っており、音楽を聴きながら自転車に乗っていたため、電車の音に気付かなかった可能性があるという。生徒は学校の創立記念日の行事に参加するため通学途中だった。

【関連記事】
遺体から睡眠導入剤検出、同成分の薬押収 大阪袋詰め事件
自宅差し押さえの掛布氏に厳しい判決 借金訴訟で控訴棄却
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
美女のパンスト持ち去る奇妙な詐欺 犯行の一部始終を直撃
すぐバレるのになぜ? “ニセ女医”お粗末な手口

「携帯代の支払い苦しかった」 知人少女に売春させた女逮捕(産経新聞)
<小沢幹事長>3回目の聴取要請 東京地検(毎日新聞)
モデルの蛯原友里さん結婚(時事通信)
高障機構の業務委託、12道県で認可せず―雇用開発協会の不適切経理で厚労相方針(医療介護CBニュース)
大阪ブドウもう一度 大阪・羽曳野・駒ケ谷地区 復権へ耕作放棄地を再生(産経新聞)
posted by ネイガッチ at 20:38| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。